ながさき歴史文化ネット

MENU

コレクション展「新収蔵展」

山本森之助《瀧》1914年 長崎県美術館蔵 栗原玉葉《瀬川菊之丞》 長崎県美術館蔵

長崎県美術館では、主に「長崎ゆかりの美術」と「須磨コレクションを起点とするスペイン美術」のふたつを柱として収集を進めており、現在では約7000点の作品を収蔵しています。本展では、近年新たにコレクションに加わった作品の中から、これまであまりご紹介できていなかったものを中心に展示します。

会期2018年11月27日~2019年01月14日
開館時間10:00~20:00(入場は閉館30分前まで)
※1月2日(水)、3日(木)は18:00閉館(最終入場17:30)
会場長崎県美術館 常設展示室第1・2室
料金一般400(320)円、大学生・70歳以上300(240)円、小中高生200(160)円
・コレクション展(全5室)全体の料金です。
・( )内は15名以上の団体料金。
・長崎県内在住の小中学生、障害者手帳保持者及び介護者1名は無料。
・月曜日は団体料金で入場できます(休館日を除く)。
・「クアトロ・ラガッツィ」展チケットで「新収蔵展」を含むコレクション展に入場できます。

*2019年1月2日(水)、3日(木)は入場無料
問合先長崎県美術館 095-833-2110
休館日毎月第2・第4月曜日 (祝日の場合は火曜日)、12/29~1/1
ホームページ http://www.nagasaki-museum.jp/permanent/
ミュージアム情報リンク長崎県美術館