ながさき歴史文化ネット

MENU

荒木十畝―大村市所蔵作品による

《松鷹図》昭和3(1928)年 大村市蔵 《花鳥画金屏風》(左隻)大正7(1918)年 大村市蔵

格調高く、ときに瀟洒で、ときに愛らしい、豊かな絵画世界

 現在の大村市(当時:長崎県東彼杵郡大村久原郷)に大村藩士・朝長兵蔵の次男として生まれた荒木十畝(本名:悌二郎、1872-1944)は、明治25(1892)年荒木寛畝に入門、翌年には寛畝の娘と結婚し「十畝」の号を授けられます。明治28(1895)年、日本美術協会展で一等褒状を受賞し頭角を現すと、以降、日本画会や読画会といった画会の設立にも参加して存在感を強めていきます。当時の日本画壇は、横山大観、菱田春草らを擁する日本美術院をはじめ、様々な主義主張を掲げる団体が登場し、大きなうねりをみせていました。このような状況のなか、十畝は明治40(1907)年設立の正派同志会の幹事長となるなど、いわゆる旧派系画家の代表格と目されるようになりますが、制作のうえでは守旧漸進主義ともいうべき立場をとり、伝統的な画法を基礎としながら、新たな表現を模索し続けました。
 十畝ゆかりの地である大村市には、掛軸、屏風などの絵画作品に加えて、写生帖や下絵など、制作の背景に迫ることのできる貴重な作品・資料が所蔵されています。これら資料には、十畝のみずみずしい感覚が率直に表現されており、それ自体が作品としての魅力を湛えています。
 本展では、大村市が所蔵する貴重な作品・資料を通して、十畝の絵画世界に迫ります。

●関連企画
レクチャー「荒木十畝の画業と作品」(コレクション・イン・フォーカス第7回)
長崎県出身の日本画家・荒木十畝について、主要な作品を通してその画業に迫ります。

日時|6月9日(日)11:00~12:00
場所|ホール
講師|松久保修平(長崎県美術館 学芸員)
定員|100名
料金|無料


初心者向け講座「はじめての日本画」※事前申込制
日本画の基礎的な知識から小品づくりまでを学ぶ初心者向けの講座です。この機会にぜひ日本画の魅力を体験してください。

日時|6月9日(日)13:30~15:30
場所|アトリエ
講師|牧野一穂 (長崎大学教育学部 芸術表現講座 美術絵画担当)
対象|中学生以上
定員|20名
料金|1,000円(材料費)
申込締切|5月17日(金)必着
※応募方法は、長崎県美術館HPをご覧ください。

会期2019年04月25日~2019年06月23日
開館時間10:00~20:00(最終入場19:30)
会場長崎県美術館 常設展示室 第1・2室
料金一般400円(320円)、大学生・70歳以上300円(240円)、小中高生200円(160円)
※県内在住の小中学生無料。※( )内は15名以上の団体割引料金。※4/29、5/6、20、6/3、17(いずれも月曜日)は団体料金で入場できます。※障害者手帳保持者及び介護者1名は無料。※「奇蹟の芸術都市バルセロナ展」のチケットでも観覧できます(会期中に限る)。
休館日5月13日(月)、27日(月)、6月10日(月)
ホームページ http://www.nagasaki-museum.jp/permanent/archives/509
ミュージアム情報リンク長崎県美術館