ながさき歴史文化ネット

MENU

長崎 美術 往来!-長崎県美術館コレクションから

野口彌太郎《長崎の夕ぐれ》1950年

 かつて、いわゆる「鎖国」の時代から海外交流の拠点であった長崎は、明治時代をむかえた後も、海の外からもたらされた西洋や中国の文化と日本文化が混淆した独特の風情をもつ都市として、芸術にかかわる人々を惹きつけてきました。結果として、多くの芸術家たちによって長崎を題材とした作品が生み出され、そして地元の作家たちも、それらに刺激を受けつつ長崎の外へと自らの表現を発信していったのです。
 本展では、当館コレクションから長崎ゆかりの美術作品をいくつかのテーマに沿ってご紹介します。長崎を舞台に往き交う美術のエネルギッシュで多彩な煌めきをぜひお楽しみください。また、数多くの作家の目に映った長崎の姿を見つめることで、私たち自身も複数の時空を旅しながら、長崎の文化的風土を改めて捉え直す機会となるでしょう。

会期2020年10月03日~2021年01月03日
開館時間10:00~18:00(1/2を除く金・土は10:00~20:00)※最終入場は閉館30分前まで
会場長崎県美術館 企画展示室
料金一般800(600)円、大学生・70歳以上600(400)円、高校生以下無料 
※長崎県美術館にて当日券のみ販売。
※( )内は15名以上の団体割引料金。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、障害福祉サービス受給者証、地域相談支援受給者証、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者および介護者1名は無料。
※会期中、本展観覧券でコレクション展にも入場可。
問合先長崎県美術館 095-833-2110
休館日第2・4月曜日(祝日の場合は火曜日)、12/29~1/1
ホームページ http://www.nagasaki-museum.jp/exhibition/archives/1671
ミュージアム情報リンク長崎県美術館