ながさき歴史文化ネット

MENU

やすらぎの交流拠点施設音浴博物館

山奥のサウンドシャワーミュージアム

山奥にひっそりとたたずむ廃校を活用した音の博物館。懐かしい蓄音機や音盤の蒐集につとめていた岡山県の栗原榮一朗・節子夫妻が、雪浦小学校開拓分校(1976年閉校)を借り受けて移り住み2001年に開設したことに始まるやすらぎスポットです。博物館には、SPレコード約1万枚、そして昭和の時代のドーナッツ盤やLPレコード等約15万枚が収蔵され、蓄音機やレコードプレーヤー、そして様々な時代のスピーカーを用いて自由に聴くことが出来ます。ジャンルもクラッシック、ジャズ、歌謡曲、童謡、実況中継など実に様々なものとなっています。また戦後の日本文化をいろどった雑誌や書籍、生活用品なども所狭しと展示されており、昭和の時代にはまり込んで、音をシャワーのように思う存分に浴びることの出来る施設です。

開館時間10:00~18:00
休館日月曜(祝日の場合は翌日)
観覧料一般500円、小中学生250円、小学生未満無料
アクセスJR長崎駅前より長崎バス「瀬戸・板の浦」行き乗車(約1時間30分)「雪浦」バス停下車、タクシー利用約20分。
西九州自動車道「大塔IC」より車で約1時間。
西海市役所から車で約30分。県民の森・東ゲートから車で約10分。
駐車場無料(普通車10台、バス1台)
その他障害者用トイレ、スロープ
住所〒857-2323 西海市大瀬戸町雪浦河通郷342-80
電話・FAX番号TEL 0959-37-0222 FAX 0959-37-0555
ホームページ http://onyoku.org/
メールアドレス soundshower@carol.ocn.ne.jp