ながさき歴史文化ネット

MENU

南島原市口之津歴史民俗資料館・海の資料館

外国船でにぎわった口之津の歴史

1899年(明治32)年に建てかえられた口之津町唯一の明治洋風建築・旧長崎税関口之津支庁(県指定有形文化財)などを活用した口之津の歴史と人々のくらしを紹介する資料館です。資料館は、歴史民俗資料館と海の資料館から構成されており、別館も含め約5,800点の資料を展示しています。大航海時代のポルトガルとの交流そしてキリスト教の布教の時代から、明治時代の三井の三池石炭の海外積出し港として賑わい、石炭とともに口之津港から出航していった「からゆきさん」についてや、1899年(明治32)に石炭の積込人夫として与論島から移住してきた人々、そして日本一数多くの船員たちを輩出した口之津の歴史を、口之津灯台のレンズや国立口之津海上技術学校、苧扱川遊郭などに関する歴史資料、船員たちが世界の港で買い求めた海外の民芸品などをとおして紹介しています。また当時の人々の生活を物語る数多くの民俗資料も展示されています。

開館時間9:00~17:00
休館日月曜、年末年始(12/29~1/3)
観覧料一般 200(150)円 高校生150(100)円 小中学生100(70)円
※( )内は20名以上の団体割引料金
アクセス【バス】島鉄バス「口之津」バス停下車徒歩15分、早崎循環バス:口之津駅前乗車「資料館前」下車徒歩2分(1日7便)
【フェリー】口之津~天草フェリー:口之津港下船徒歩15分
【車】島原駅から55分、諫早駅から80分
駐車場無料(20台)
その他障害者用トイレ、スロープ、車椅子貸出
住所〒859-2502 南島原市口之津町甲16番7
電話・FAX番号TEL 0957-73-6773 FAX 0957-86-4880
ホームページ http://www.city.minamishimabara.lg.jp/page1594.html
メールアドレス k-shiryoukan@minami-shimabara.jp