ながさき歴史文化ネット

MENU

土石流被災家屋保存公園

防災の重要性を後世に伝える家屋

1992年8月8日から14日にかけての雲仙普賢岳噴火土石流により被害をうけた家屋を保存する施設です。一部が大型テントで覆われた公園(敷地面積約6,200㎡)内の11棟の家屋に住んでいた人々は避難勧告を受け避難し、幸いにも人的被害はありませんでしたが、家屋は平均で約2.8m埋没してしまっており、それらの土石流被災家屋をそのままの姿で永久保存することで、後世の人々に土石流災害のすさまじさと防災の重要性を伝える目的で設立されました。1991年の雲仙普賢岳の198年ぶりの噴火は、日本の災害史上例のない長期災害となり、多くの被害をもたらしました。また、島原市、深江町、有明町全体では、1991年5月から1995年8月までの間に1,692棟が土石流被害にあっています。

開館時間9:00~17:00
休館日無休
観覧料無料
アクセス長崎道諫早ICよりR57、R251経由島原市内方面へ1時間10分。
駐車場無料(177台)
その他障害者用トイレ、スロープ
住所〒859-1504 南島原市深江町丁91-2 ※道の駅みずなし本陣ふかえに隣接
電話・FAX番号TEL 0957-72-7222 FAX 0957-72-7221
ホームページ http://mizunashi-honjin.co.jp/publics/index/15/
メールアドレス mizunashi@shimabara.jp