ながさき歴史文化ネット

MENU

大村市立史料館

大村の歴史を見る・調べる

旧大村藩領に関する史料を収集・保存し、広く紹介する史料館です。大村藩主大村家に関する史料や南蛮キリシタンに関する資料など約1万数千点が収蔵されています。
特に大村藩関係資料では、藩政の様子を知ることが出来るほか、1657年(明暦3)の潜伏キリシタン発覚事件を契機とする宗教統制、長崎貿易・異国警固に関する文書が含まれています。また幕末においては官軍に属して大功をたてたことから明治維新に関する資料もみられます。
一方、特徴的な歴史として日本初のキリシタン大名大村純忠や天正遣欧少年使節の派遣があり、これらの時代を象徴する南蛮美術や、対外交流史研究者の松田毅一(きいち)氏寄贈の南蛮文庫などの蔵書も豊富です。
このほか、大村出身の日本画家・荒木十畝の作品なども所蔵しており、これらの収蔵資料、美術工芸作品などを核とした大村の歴史と文化をテーマとするさまざまな企画展も開催され、旧大村藩領に関する調査研究の拠点施設となっています。

開館時間10:00~18:00
休館日月曜、祝日(祝日が月曜の場合は翌平日)、毎月第3木曜日、年末年始(12/28~1/4)
特別整理期間(7日間以内)
観覧料無料
アクセスJR大村駅から徒歩3分。
長崎県営バス大村ターミナルから徒歩3分。
駐車場無料(普通車34台) ※図書館と共用
その他階段昇降機、車椅子貸出
住所〒856-0831 大村市東本町481 大村市立図書館2F
電話・FAX番号TEL 0957-53-1979
メールアドレス shiryoukan@city.omura.lg.jp