ながさき歴史文化ネット

MENU

島原城(キリシタン史料館・観光復興記念館・西望記念館・西の櫓・民具資料館)

静かな佇まいの町・島原に往時のロマンが蘇る

島原城キリシタン史料館は1964年に復元された島原城を中心とした資料館で、城内には5つの展示施設が設けられています。メインとなる天守閣にはキリシタン関係史料などが紹介されています。当時の領主であったキリシタン大名・有馬晴信を中心とする島原半島における華やかなキリシタン文化、全国を震撼させた島原の乱の攻防図や手作りの槍や打ち込まれた砲弾、潜伏キリシタンに関する踏絵や禁制立札、宗門人別帳などの様々な史料や資料など、激しいキリスト教弾圧の時代が紹介されています。
その後の松平忠房移封後の安定した統治の中で育まれた島原の文化や学問についても、精緻な武具や調度品、西洋医学の知識の高さを示す蘭学者・賀来佐之や御殿医・市川泰朴などによる「人体解剖図」などの資料も紹介されています。
天守閣以外の建物でも、観光復興記念館では、200インチのワイドスクリーンによる映像などで雲仙岳の噴火活動の経過が紹介されているほか、島原の歴史・文化・観光名所なども紹介されています。また島原半島出身で郷土の誇りでもある文化勲章受章の彫塑家・北村西望について、城内の西望記念館および屋外で数多くの代表作品が紹介されています。また、明治から昭和にかけての暮らしが偲ばれる、なつかしい民具の数々が民具史料館で展示されています。西の櫓では、全国の名城画などを通じて国内の城郭について紹介されています。
島原半島の歴史から風土、そして美術までを通した「島原学」がよく学べる施設です。

開館時間9:00~17:30
休館日年末(12/29・30)
観覧料一般540円、小中高生270円
※団体(30人以上)は個人の2割引
アクセス島原鉄道「島原駅」より徒歩約5分。
駐車場有料(一般車両320円、小型バス540円、大型バス1,080円)
その他障害者用トイレ、車椅子貸出
住所〒855-0036 島原市城内1-1183-1
電話・FAX番号TEL 0957-62-4766 FAX 0957-73-9766
ホームページ http://shimabarajou.com/top
メールアドレス shimabarajou39@fine.ocn.jp
主要付属施設 売店
食堂 軽食あり(うどん、そうめん、ろくべえ等)