ながさき歴史文化ネット

MENU

平戸城

山鹿流の堅牢な城

1599年(慶長4)、松浦家第26代鎮信は、ここ亀岡にはじめて日の岳城を築きましたが、豊臣秀吉との親交があった鎮信は、徳川家康の嫌疑をはらすために自ら焼却し、平戸藩を守ることに成功します。その後90年もの間、御館(現・松浦史料博物館)で過ごしましたが、第29代鎮信(天祥)、第30代棟(たかし)らの尽力によって1704年(宝永元)より城の再建がなされ、1718年(享保3)に儒学者・山鹿素行(1622-1685)の軍学に基づいた城として完成しました。しかし1871年(明治4)に廃藩置県によって廃城となり、再び1962年に平戸市によって復元されることになりました。現在は、復元された天守閣などで、《鐶頭太刀》(国指定重要文化財、4世紀頃)などの平戸ゆかりの資料や松浦家ゆかりの武具甲冑などの美術工芸品などが展示されています。

開館時間8:30~17:30
休館日年末(12/30・31)
観覧料大人510円 高校生300円 小中学生200円
※30名以上の団体は2割引
アクセス佐世保駅前より西肥バス「平戸桟橋」行き乗車「平戸市役所前」バス停下車徒歩5分。
平戸大橋より車で約5分。
駐車場無料
その他障害者用トイレ
住所〒859-5121 平戸市岩の上町1458-1
電話・FAX番号TEL 0950-22-2201 FAX 0950-23-3759
ホームページ http://ww21.tiki.ne.jp/~hirasink/index.html
メールアドレス hirado-castle@hira-shin.jp