ながさき歴史文化ネット

MENU

大浦天主堂 キリシタン博物館

世界文化遺産「大浦天主堂」敷地内で、「日本キリスト教史」を学ぶ

 2018年4月、国宝「大浦天主堂」敷地内の「旧羅典神学校(国指定重要文化財)」と「旧長崎大司教館(県指定有形文化財)」は、「キリシタン博物館」として開設されました。
 世界文化遺産「大浦天主堂」の価値を知ってもらうとともに、「西洋の出会い」「禁教期・潜伏期の歴史」、そして「信徒発見」に至る「日本キリシタン史」の学びの場として、・「大浦天主堂と26聖人」・「禁教250年」・「信徒発見」・「「キリスト教の伝来と日本の歴史」・「長崎におけるキリスト教の受容と発展」等のテーマで整備されています。「元和の大殉教画」「「マリア観音」「ド・ロ版画」等が展示されています。
「旧羅典神学校」は、「信徒発見」で知られるプティジャン神父によって設立された学校で、ド・ロ神父の設計によるものです。

開館時間8:00~18:00(受付は17:30まで)
休館日12月31日~1月2日
観覧料一般1,000(900)円、中高生400(300)円、小学生300(200)円
障害者割引料金:一般300(250)円、中高生200(150)円、小学生150(100)円
※( )内は20名以上の団体割引料金
※大浦天主堂拝観料と共通
アクセス路面電車「大浦天主堂」電停下車徒歩5分。
長崎バス「大浦天主堂下」下車徒歩5分。
JR長崎駅より徒歩35分。
駐車場無し
バリアフリー情報敷地内及び建造物は、国宝・重要文化財・県有形文化財のため、特段のバリアフリー対策はとっておりません。ご了承ください。
住所〒850-0931 長崎市南山手町5番3号(大浦天主堂内)
電話・FAX番号TEL 095-801-0707 FAX 095-801-0708
ホームページ https://christian-museum.jp/
https://nagasaki-oura-church.jp/
メールアドレス info-o-hakubutsu@abelia.ocn.ne.jp