ながさき歴史文化ネット

MENU

海底線史料館

日本の国際通信史を知る

日本国土の西端に位置する長崎は、明治期の日本にとって通信の重要拠点でもあり、1871年(明治4)にデンマークの大北電信によって敷設された長崎・上海間と長崎・ウラジオストック間を結ぶ海底ケーブルによって日本の国際通信が始まりました。その後1896年(明治29)に陸軍省が独自に日本と台湾間を結ぶ海底ケーブルを敷設するために電源舎として建てたのがこの史料館の建物となっています。先の大北電信設置の国際海底線小ヶ倉陸揚庫(県指定史跡)に次ぐ歴史を誇るもので1968年まで活躍していました。その後、明治初期の貴重な建造物であることから建物の外観が保存され、1977年に海底線事業の変遷を紹介する海底線史料館として整備、2008年には経済産業省より近代化産業遺産として認定されています。展示室内では海底ケーブルの設置方法やその歴史を物語る資料が展示されています。

開館時間9:00~15:00
※事前予約制
休館日土・日曜、祝祭日、年末年始(12/28~1/4)
観覧料無料
アクセスJR長崎駅前より長崎バス「神の島1丁目」、「神の島教会下」行き乗車(約20分)「西泊」バス停下車徒歩3分。
長崎駅よりタクシー利用約10分。
駐車場無料(普通車5台
住所〒850-0075 長崎県長崎市西泊町22-1 NTT-WEマリン長崎事務所内
電話・FAX番号TEL 095-865-5882 FAX 095-865-2296
ホームページ http://www.nttwem.co.jp/knowledge/historical/