ながさき歴史文化ネット

MENU

祈りの丘絵本美術館

美術として、絵本を楽しむ

19世紀、南山手の丘は西洋の国々との交流の舞台として輝かしい時代を迎えていました。また近代絵本が萌芽したのも同じく19世紀であるといわれています。その不思議な糸で結ばれた地に、当時を髣髴とさせる洋風建築を再現した建物として絵本美術館が設立されています。「絵本」とは、文学とも呼ぶに値する優れた「お話」と、簡明な美しさに満ちた「絵画」の両輪で成り立つ芸術であるとの観点から、ロングセラーとなっている名作絵本の絵本原画が紹介されています。館内では、日本の絵本界のパイオニア・太田大八(だいはち)(1918- )や、ロングセラー絵本『ねこのごんごん』が知られ、画家・丸木位里の妹でもある大道(だいどう)あや(1909-2010)の絵本原画、日本画の大作などの所蔵作品による常設展や、絵本にちなんださまざまな企画展が開催されています。

開館時間10:00~17:30
休館日月曜
観覧料一般・大学生300円、小中高生200円
アクセス路面電車5番系統「石橋」行き「大浦天主堂下」下車徒歩5分
駐車場無し
住所〒850-0931 長崎市南山手町2-10
電話・FAX番号TEL 095-828-0716 FAX 095-828-0768
ホームページ http://www.douwakan.co.jp/museum
メールアドレス inorinooka@douwakan.co.jp
主要付属施設 絵本コーナー
ショップ「こどもの本の店・童話館」