ながさき歴史文化ネット

MENU

西海国立公園九十九島水族館「海きらら」

九十九島の海を再現した地域密着型の水族館

西海国立公園九十九島は、手つかずの自然が残り、希少な植物や生物がたくさん生息しています。九十九島水族館「海きらら」は、そんな九十九島の海を再現した、全国的にも数少ない地域密着型の水族館です。なかでも人気を集めているのが、3頭のイルカたち。1日3回のプログラムでは、日本初の「イルカ同士のジャンピングキャッチボール」や、世界初の「ハナゴンドウのオーバーヘッドキック」といった大技を披露しています。約120種類13,000匹の生き物を展示した水深4.8m、水量650tの『九十九島湾大水槽』も魅力のひとつ。屋根がなく直射日光が降り注ぐのが最大の特徴で、水槽の深い部分から水面までを回廊式の通路から見ると、まるで海中を散歩しているようです。また、日本初確認となるクラゲが九十九島で採集され、その繁殖にも成功するなど、海きららは、クラゲ研究の分野において国内でも有数の水族館です。展示も充実しており、クラゲシンフォニードームでは、ドーム型のスクリーンに映し出される映像と癒しの音楽のなか、幻想的な光でクラゲが浮かびあがり、癒しの空間となっています。このほか、九十九島が数少ない生息地のひとつとなってしまったカブトガニのコーナーや、九十九島の生き物に触れることのできるタッチング水槽、海の生き物遊具で遊ぶことができるコーナーがあります。また、水族館がある西海パールシーリゾートには、九十九島の楽しみ方を紹介するビジターセンターや、島々を巡る遊覧船も発着しています。

開館時間3~10月 9:00~18:00(最終入館17:30)、11~2月 9:00~17:00(最終入館16:30)
休館日無休
観覧料高校生以上1,400(1,200)円、幼児(4~6歳)・小中学生700(600)円、3歳以下無料、70歳以上1,200円
※( )内の料金は15名以上の団体料金
アクセスJR佐世保駅より佐世保市営バス「パールシーリゾート・九十九島水族館」行き乗車(25分)終点下車徒歩1分。
JR佐世保駅前より有料シャトルバス運行。
佐世保中央ICより車で7分。
駐車場有料(700台)
その他障害者用トイレ、スロープ、エレベーター、車椅子貸出、ベビーカー貸出、授乳室
住所〒858-0922 佐世保市鹿子前町1008番地
電話・FAX番号TEL 0956-28-4187 FAX 0956-28-4107
ホームページ http://www.pearlsea.jp/
主要付属施設 「アクアショップきらら」 10:00~18:00(3月~10月)、10:00~17:00(11月~2月)