ながさき歴史文化ネット

MENU

西海市西彼農村環境改善センター郷土資料室

金、そして真珠を生み出す町

西海市西彼町に関する歴史、民俗、考古資料を紹介する資料館。西彼杵半島に広く分布する石鍋についての紹介があり、また大村藩の財源のひとつであった「大串金山」についても紹介されています。これは、1627年(寛永4)に採掘が始まり、藩直営、民間開発を含めて約40年間断続的に採掘されもので、1658年(万治元)の最盛期には年間4.5貫(約17kg)が採掘されたといいます。現在、西彼町の網代(大串郷)・鳥加・中の島の3地区に金山跡が残っています。また、西彼町の主要な産業のひとつである真珠の養殖の工程なども紹介されています。そのほかにも地域の農具などが展示されており、西彼町の生活・文化に触れることの出来る施設となっています。

開館時間8:30~22:00 ※要予約
休館日お盆(8/14・15)および年末年始(12/29~1/3)
観覧料無料
アクセスさいかい交通バス「中の島」バス停下車徒歩3分。
駐車場無料(150台)
その他障害者用トイレ
住所〒851-3305 西海市西彼町喰場郷1150番地
電話・FAX番号TEL 0959-37-0224