ながさき歴史文化ネット

MENU

長崎路面電車資料館

人々に愛される路面電車の資料館

長崎市には1915年(大正4)に開通した路面電車(長崎電気軌道株式会社)が走っています。多数の犠牲者を出した原爆による壊滅的な被害から復興し、現在も市民の重要な移動手段として、また長崎の街のシンボルとして愛されています。特徴としては、1911年(明治44)製造の旧西日本鉄道の木造電車をはじめとする廃止された各都市の路線から車両を引き継ぎ大切に活用されていると同時に、一方で車椅子利用者やベビーカーでも乗降できるよう超低床式路面電車が導入されるなどバリアフリー化も進められています。この資料館は長崎電気軌道の歴史が長崎の街中の姿の変遷とともに紹介されているほか、さまざまな取り組みや新車両の紹介、そして車両の部品や模型、切符、昔の路線図などが展示されています。

開館時間11:00~17:00
休館日長崎西洋館休館日(12/31・1/1、5月と11月の第3火曜日)
観覧料無料
アクセス路面電車「浜口町」電停下車すぐ(長崎西洋館3F)
駐車場1時間無料(普通車210台)
その他エレベーター
住所〒852-8108 長崎市川口町13-1 長崎西洋館3F
電話・FAX番号TEL 095-843-9191 (長崎西洋館) FAX 095-843-6837(長崎西洋館)
ホームページ http://www.naga-den.com/kikaku/rinzi/siryousitsu.html
主要付属施設 グッズ販売(長崎西洋館1F呉服のもりやま内) ※西町・蛍茶屋営業所にて販売のほか、通信販売(HP)もあります