ながさき歴史文化ネット

MENU

長崎大学熱帯医学研究所附属 熱帯医学ミュージアム

日本で唯一の熱帯感染症に関する研究施設

長崎大学の熱帯医学研究所は、日本で唯一の熱帯に関する感染症の教育拠点で、2009年にはその熱帯感染症制圧への取り組みが「アフリカの自然・開発・そこに住む人々―地球の家族を救う国際協力」展として国立科学博物館にて紹介されました。長崎大学医学部の医学ミュージアム内に設けられた当館は、1974年設置の熱帯医学資料室を前身とするもので、2014年にリニューアルオープンしました。寄生虫、細菌、ウイルス、蚊などの病原媒介昆虫、危険動物などの標本、貴重図書、視聴覚などの資料を交えながら熱帯医学について紹介されており、事前予約を行なうと展示物の解説もおこなってくれます。また、熱帯医学情報の発信、収集、整理、分析という情報センターとしての機能も備わった施設ともなっており、熱帯医学に関する各種のデータベース整備が進められています。

開館時間9:00~17:00
休館日土・日曜、祝祭日、年末年始
観覧料無料
アクセス長崎バス「医学部前」バス停下車徒歩1分
駐車場無料 ※大学来客用(普通車15台)
その他障害者用トイレ
住所〒852-8523 長崎県長崎市坂本1丁目12番4号 長崎大学熱帯医学研究所
電話・FAX番号TEL 095-819-7868 FAX 095-819-7805
ホームページ http://www.tm.nagasaki-u.ac.jp/nekken/facility/museum.html