ながさき歴史文化ネット

MENU

長崎市亀山社中記念館

日本を今一度せんたくいたし申し候

日本初の商社とされ、1865年(慶応元)薩摩藩などの援助により坂本龍馬が中心となって組織された亀山社中の遺構として伝わる建物が、当時の姿により近い形で整備され一般公開されています。幕末に亀山焼の再興を図った一族が1920年(大正9)まで所有していたと登記簿に記されている場所であり、古地図等の史料などもあわせて検証され、亀山社中が寄寓した建物であった可能性が高いと考えられているものです。母屋は10畳・8畳・3畳の部屋と土間とで構成され、龍馬がもたれかかって座っていたと伝えられる柱などが再現されています。また縁側からは、当時は長崎の街と港が一望できていたといい、龍馬たちの海外をも見据えた大きな志を感じることの出来る施設となっています。

開館時間9:00~17:00(最終入館16:45まで)
休館日無休
観覧料一般300(240)円、高校生200(160)円、小中学生150(120)円
※( )内は15名以上の団体割引料金
アクセス長崎バス「長崎駅前南口」より70番(大波止経由)「風頭山」行き、もしくは「長崎駅前東口」より50番
(市役所経由)「風頭山」行き乗車、終点「風頭山」下車徒歩10分。
県営バス「長崎駅前東口」より「(諏訪神社経由)風頭町」行き乗車、終点「風頭町」下車徒歩10分。
JR長崎駅前より路面電車3番「蛍茶屋」行き乗車「公会堂前」もしくは「新大工町」下車徒歩15分。
駐車場無し
住所〒850-0802 長崎市伊良林2丁目7番24号
電話・FAX番号TEL 095-823-3400 FAX 095-823-3400
ホームページ http://www.city.nagasaki.lg.jp/kameyama/index2.html