ながさき歴史文化ネット

MENU

長崎市野口彌太郎記念美術館

長崎を愛したフォーヴィスムの画家

日本の近代絵画史に大きな足跡を残し、また長崎にもゆかりの深い洋画家・野口彌太郎(1899-1976)を紹介する記念美術館。1993年の開館以来、国指定重要文化財旧長崎英国領事館(大浦町)が利用されてきましたが、建物の老朽化に伴う全面改修のため、2007年に長崎市平和会館(平野町)1階に仮移転し運営されています。野口は独立美術協会の結成に参加するなど、日本におけるフォーヴの運動の中で中心的な役割を果たした画家のひとりです。戦後幾度となく長崎を訪れ異国情緒豊かな作品を描いたほか、国内外の風土をモチーフとし、豊かな色彩と洒脱な筆致をもって描き続けました。記念美術館には油彩、水彩等338点が収蔵され、年2回の展示替えを交えながら常時40点ほどが展示されています。

開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日月曜(祝日を除く)、年末年始(12/29~1/3) 
観覧料一般100(80)円、小中学生50(30)円
※( )内は15人以上の団体割引料金
アクセス路面電車「長崎駅前」電停「赤迫」行き(1番系統)「浜口町」下車徒歩5分、同「松山町」下車徒歩5分。
県営バス、長崎バスともに「浜口町」下車徒歩5分。
駐車場有料(普通車71台、バス12台)
その他障害者用トイレ、スロープ、エレベーター、車椅子貸出
住所〒852-8117 長崎市平野町7番8号(長崎市平和会館1階)
電話・FAX番号TEL 095-843-8209 FAX 095-843-8209
ホームページ http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/noguchi/index.html
メールアドレス bunkazai@city.nagasaki.lg.jp
主要付属施設 図書閲覧コーナー