ながさき歴史文化ネット

MENU

長崎市須加五々道美術館

新しい日本画の創造

長崎市出身の須加五々道(すかごごどう/1913-2008)。水墨画の技術を基調に西洋美術の遠近法を融合させた独特の画風で、その作品は「新日本画」と呼ばれています。長崎市が作品寄贈を受けたことを記念し、旧外国人居留地の町並みが残る長崎の南山手伝統的建造物群保存地区にある34棟の一つ、明治中期に建てられた木造2階建ての「南山手乙9番館」に2002年に開館。展示室ではそれらの中から常時約20点が公開されています。「南山手乙9番館」は、周辺の南山手地区も含めて1991年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

開館時間9:00~17:00
休館日月曜(祝日の場合開館)、年末年始(12/29~1/3)
観覧料一般100(80)円、小中学生50(30)円
※( )内は15人以上の団体割引料金
※そのほか各種減免制度有
アクセス路面電車「大浦天主堂下」下車徒歩7分。
長崎バス「長崎駅前東口」バス停から「ダイヤランド」行き、または、「長崎駅前南口」バス停から「野母崎」方面行きに乗車し、「グラバー園下」下車徒歩3分。
長崎駅前から車で約8分。
駐車場無し
住所〒850-0931 長崎市南山手町3番17号TEL
095-820-3328 FAX 095-820-3328
ホームページ http://www.city.nagasaki.nagasaki.lg.jp/soshiki/123/129/143/index.html
メールアドレス bunkazai@city.nagasaki.lg.jp