ながさき歴史文化ネット

MENU

長崎県防空本部跡(立山防空壕)

被爆遺構から平和を学ぶ

太平洋戦争中、知事室や警察部長室、防空監視隊本部などが配置され、県の防空施策の中心的役割を担っていた防空壕跡が2005年より一般公開されています。1945年8月9日、壕内で知事が部下を招集し会議を行おうとした矢先に、2.7km離れた長崎市北部に原子爆弾が炸裂したといいます。その直後より、この壕から原爆被害情報が国の防空総本部長官などへ送られ、同時に市外各地に救援救護の手配の指令がなされ、県外にも応援が求められました。長崎市の被爆建造物等に登録され、現在、壕内には当時その場所にいた人々の証言とともに、そこから発見された現物資料などが展示されています。

開館時間9:30~17:00
休館日第3火曜(祝日の場合は翌日) ※点検等による臨時休壕あり
観覧料無料
アクセス路面電車「桜町」下車徒歩10分、同「公会堂前」下車徒歩11分。
県営バス・長崎バス「長崎駅前東口」から「市役所前」方面乗車「桜町公園前」下車徒歩7分。
県営バス・長崎バス「市役所前」バス停下車徒歩10分。
駐車場無し
住所〒850-0007 長崎市立山1丁目(長崎歴史文化博物館横)
電話・FAX番号TEL 095-844-3913(長崎市被爆継承課被爆資料係) 
FAX 095-846-5170(同)
ホームページ http://www.city.nagasaki.lg.jp/peace/japanese/abm/insti/tateyama/index.html