ながさき歴史文化ネット

MENU

島袋道浩 二度起こること:象が海からやってくる

©SHIMABUKU Photo:松田雅代

長崎開港450周年を記念し、「島袋道浩 二度起こること:象が海からやってくる」を開催いたします。本展は、「長崎開港450周年記念 長崎港をめぐる物語」関連企画として実施する「象が海からやってくる」の模様を映像展示によって紹介するものです。島袋道浩氏は1990年代初頭より、国内外のさまざまな場所を舞台にパフォーマンスやインスタレーション作品を制作・発表してきた国際的に活躍するアーティストです。
 享保13年(1728)、ベトナムから長崎にやってきた象は、徳川吉宗に献上されるべく、江戸城までの道のりを歩いて向かいました。時を経て平成13年(2001)、北九州市立美術館で行われたグループ展『6th北九州ビエンナーレ~ことのはじまり~』において、同地に伝わる象の物語に着想を得た島袋氏は、木と紙で象を作り、北九州や小倉の町、長崎街道を象とともに歩きました。島袋氏はこのプロジェクトを「二度起こること:象の話し」と名付けます。その後、今回までの約20年間、北九州や佐賀など長崎街道沿いの場所を舞台に、象はたびたび島袋氏や地域の人々とともに町中を歩き、新しい物語を紡いできました。そして今回実施するプロジェクト「象が海からやってくる」では、象が海の向こうからやってきた、そのことが島袋氏独自の方法で再現されています。
 本展では、「象が海からやってくる」の模様を記録した映像作品を中心に、島袋氏がこれまで行ってきた象のプロジェクト「二度起こること:象の話し」に関する映像も展示します。
 長崎港は開港以来、長崎の歴史と文化を紡ぎだす中心的な存在であり続けています。長崎開港450周年の節目に開催する本展が、長崎において育まれてきた海との深い関わりを見つめ直し、その魅力や意義をこの先の未来へとつないでいく契機となれば幸いです。

会期2021年07月15日~2021年09月12日
開館時間10:00~20:00(最終入場19:30)
会場長崎県美術館 常設展示室第4室
料金一般420(340)円
大学生・70歳以上310(250)円
小中高生210(170)円
◎( )内は15名以上の団体料金。
◎県内在住の小・中学生は無料。
◎学校行事の一環として、県内の小・中・高・特別支援学校生が利用する場合は、引率の教員を含め、無料。
◎身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、障害福祉サービス受給者証、地域相談支援受給者証、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証提示者及び介護者1名は無料。
問合先長崎県美術館 ℡095-833-2110
休館日等・8月を除く毎月第2・第4月曜日 (祝日の場合は火曜日)は休館。
・8月10日(火)は、展示替え作業のため休室します。
ホームページ http://www.nagasaki-museum.jp/permanent/archives/710
ミュージアム情報リンク長崎県美術館