ながさき歴史文化ネット

MENU

ボートレース発祥の地記念館(ボートレース大村)

ボートレースの歴史は「大村」から始まった

大村ボート場は、1952年4月6日、全国で初めてモーターボート競走を開催した「ボートレース発祥の地」です。以来、ボートレースは既に半世紀以上の歴史を有し、今日もなお数多くのファンに支持されています。ボートレースの歩みを後世へ伝えるため、2009年に大村ボート場内に「ボートレース発祥の地記念館」が開館しました。
記念館では、ボートレースの発祥から現在に至るまでの歴史を年表や貴重な映像で紹介し、写真パネルや当時使用していた貴重な品々も展示されています。そのほかに、臨場感あふれるレーサー体験をすることのできるⅤR(バーチャルリアリティー)による乗艇シミュレーションコーナーもあり、ボートレースにまつわる様々な資料が公開されています。

開館時間レース開催日の14:00~20:00
休館日レース非開催日
入場料ボートレース場への入場料100円
アクセス長崎空港から車で20分
長崎自動車道「大村IC」から20分
長崎自動車道「木場スマートIC」から10分
JR「大村駅」から車で10分
駐車場無料
その他現在、新型コロナ感染対策のため閉館中
ホームページ http://omurakyotei.jp/ (大村競艇場)